スポーツ医・科学サポートスタッフ派遣事業

スポーツにおける選手サポートの確立と競技力の向上に寄与するため、スポーツ医・科学サポートスタッフ(スポーツドクター・スポーツトレーナー)を競技団体に派遣し、中国ブロック大会と国民体育大会へ帯同をサポートしています。


スポーツ医・科学サポートスタッフ派遣事業の流れ

 ■競技団体内で調整・検討
   国体に帯同するサポートスタッフ(ドクター・トレーナー)を選出
 
※新規にサポートスタッフを希望する場合は、スポーツトレーナーバンク登録者リストから帯同スタッフを選出し、
  直接帯同の交渉を行ってください。また、2ヶ月前までには帯同の交渉を成立させてください。

   
     

 ■実施計画書の提出
   実施計画書・・・中国ブロック大会は3週間前までに提出
             国民体育大会は9月1日までに提出 
            ※会期前開催競技については3週間前まで(厳守)
  
 ※帯同サポートスタッフと綿密な打ち合わせの後、計画書を提出してください。

     

 ■帯同サポートスタッフ 中国ブロック大会・国民体育大会帯同

     

 ■実施報告書の提出
    実施報告書・・・中国ブロック大会・国民体育大会 競技終了後 2週間以内に提出 (厳守)
    ※実績報告書提出の締切厳守でお願いします。提出締切を過ぎたものは、旅費・報償費の支給はできません。      
 
  ≪補助対象経費≫
  (1)報償費 スポーツドクター13,570円/日、スポーツトレーナー8,050円/日
  (2)交通費 公共交通機関 : 実費
         車賃(自家用車) : 出発地〜会場地の往復キロ数×30円及び高速通行料
  (3)宿泊費 上限を9,800円とするが、国体配宿本部の指定宿舎の場合は、その宿泊料金とする。
    ※原則として、開始式又は競技開始日の前日から競技終了日までの宿泊を対象とする。

  ※交通費・宿泊費の領収書は、帯同サポートスタッフの個人名で取得し、
   帯同サポートスタッフから提出する。

     

 ■帯同サポートスタッフは、活動報告書・領収書等を提出
 
  ※領収証は個人名で取得してください。

     

 ■帯同サポートスタッフに、体育協会から旅費・報償費を支給


競技団体の皆さま

  中国ブロック大会・国民体育大会にサポートスタッフの帯同を希望される場合は、
 帯同サポートスタッフと綿密な打ち合わせの上、実施計画書をご提出ください。
  実施計画書は、中ブロ・国体ともに3週間前までに提出をお願いします。
  なお、帯同サポートスタッフはスポーツトレーナーバンク登録者リスト(事務局にメールで配信)より、
 帯同希望スタッフを選出し、 競技団体が直接交渉して決定してください。
  新規にサポートスタッフを希望する場合は、各大会2ヶ月前までには交渉を成立させるようお願いします。
  また、トレーナーバンクに未登録のトレーナーの帯同を希望する場合は、帯同トレーナーがトレーナー
 バンクに登録する必要がありますので、詳しくはお問合せください。

  【提出書類ダウンロード】 
      実施要項
      事業の流れ
     実施計画書 ・ 実績報告書


     提出先  (公財)山口県体育協会
            やまぐちスポーツ医・科学サポートセンター
            〒753-8501 山口市滝町1-1 県政資料館2階
            TEL  083-933-4697   FAX 083-933-4699
            MAIL osaka.mai@yamaguchi-sports.or.jp



  【注意事項
  (1)補助対象期間を超える報償費、宿泊費等については、競技団体の負担とする。
  (2)テーピング、医薬品、氷、クーラー等の消耗品及び診察台等の運搬費も競技団体の負担とする。
  (3)宿泊の手配、移動方法等については、競技団体と帯同サポートスタッフとで綿密な打合せをすること。
    宿舎でのコンディショニングサポートができるように、選手と同じ宿を極力手配すること。
  (4)交通費・宿泊費の領収書は、帯同サポートスタッフの個人名で取得し、活動報告書と併せて、
    帯同サポートスタッフから提出する。
  (5)強化練習等については、補助対象になりません。
    強化練習等でのサポートを希望する場合の経費については、競技団体の負担とする。
 


中国ブロック大会・国民体育大会に帯同されるドクター、トレーナーの皆さま

  中国ブロック大会・国民体育大会帯同中の活動については、競技団体と十分な打合せをお願いします。
  また、帯同後は、大会終了後2週間以内に「活動報告書」の提出をお願いします。


  【帯同経費に対する当会からの負担金について】 

     (1)報償費 スポーツドクター13,570円/日、スポーツトレーナー7,990円/日

     (2)交通費 公共交通機関 : 領収書のあるもののみ補助対象とする。(タクシー不可)
            車賃(自家用車) : 出発地〜会場地の往復キロ数×30円及び高速通行料

     (3)宿泊費 上限を9,800円とするが、国体配宿本部の指定宿舎の場合は、その宿泊料金とする。
              ※原則として、開始式又は競技開始日の前日から競技終了日までの宿泊を対象とし、
               宿泊単価(助成額)については、報告関係書式により精算手続きを行い、
               宿泊延数、宿舎の配宿結果により確定する。


  【提出書類ダウンロード】


     スポーツドクター報告書・活動記録
     スポーツトレーナー報告書・活動記録
      口座振替申出書

     提出先  (公財)山口県体育協会
            やまぐちスポーツ医・科学サポートセンター
            〒753-8501 山口市滝町1-1 県政資料館2階
            TEL  083-933-4697   FAX 083-933-4699
            MAIL osaka.mai@yamaguchi-sports.or.jp



  【注意事項
  ・旅費、宿泊料の領収書(個人宛名)を添付してください。(コピー不可)。
   領収書のないものは支給できません。活動報告書と併せて提出をお願いします
   ◆公共交通機関 : 旅行業者やJR等の領収書を提出してください。
                ※航空機を利用された場合は、その利用を証明するチケットの半券も併せて提出してください。
                  可能な限り早割などの割引を利用するようにお願いします。
   ◆宿 泊 料    : 旅行業者やホテル等の領収書を提出してください。(朝夕食の有無を記載すること)
  ・上記を超える報償費、宿泊料等については、競技団体の負担になります。
  ・テーピング、医薬品、氷、クーラー等の消耗品費及び診察台などの運搬費等も競技団体負担となります。
  ・宿泊の手配、移動方法などは、競技団体と綿密な打合せを行ってください。。
 
 
 



   Copyright(C)2010 ●●●やまぐちスポーツ医・科学サポートセンター●●● All Rights Reserved.